本文へ移動

社長ブログ

北海道断熱修行の旅

2024-01-27
PSマダガスカル
PSマダガスカル
旭川も日中は-2℃前後
北総研
匠工芸
神楽岡の家Ⅱからの眺望
全国変態建築屋の旅
こんにちは。
年が明けて1月ももう少しで終わろうとしています。
正月休みも含めてこの1か月は非常に濃い毎日を送っていましたが、今年もなんだかんだと慌ただしい1年になりそうな予感がします。そう思わせる1か月でした。

さて、先日参加した北海道断熱修行の旅も帰りの飛行機が荒天の影響でまさかの欠航。仕方なく早朝からバスに乗って新函館北斗駅まで移動し、午後3時の新幹線に乗ることが出来ました。予定では午後7時頃には自宅に着けるかと。荷物下ろして少し落ち着いたので振り返り…。

秋田でまぁまぁな性能の家を建ててるつもりだったから、ミライの住宅の森さんに「自分は何をするために北海道に行けばいいですか?」と軽くイキってたのが今ではとても恥ずかしい思い出です。3日間の北海道での学びは、目から鱗が落ちる事の連続でした。

北総研や北海道科学大学での学びは、新築の更なる性能向上だけではなく、数年前から取り組んでいる性能向上リノベーションへの新たな知見も沢山いただき、これまでの取組みが全然間違ってなかったと実感できました。
先日お引渡しした性能向上リノベ「図書室のある家」も、北海道で学んだ事で、将来への取組として胸を張って紹介できる施工例だと自信が深まりました。

そして少しずつではありますが、性能だけではなくデザイン(本物を永く使うという意味での)や家具に対するこだわりが出てきた中での匠工芸さんへの訪問。少し前だと金額だけをみて高いからと考えようともしませんでしたが、今では1脚10万円以上するその価値も分かるような気がします。初日に宿泊させていただいたKハウスさんの食堂にさりげなくぶら下がっていたPH5も実物を近くでマジマジと見るのは初めてでしたが、名作と言われ永く愛されているのも納得の美しさでした。

そして今回の旅の1番の収穫は、森さんも仰ってた「山本亜耕」さんに出会うと言う事でした。贅沢にも亜耕さんの引渡し済みリノベ現場、施行中現場、竣工間近物件の3件、そしてその全てで施主さんや棟梁さん、電気屋さんまでにも色々教えていただき、亜耕さんからも換気や暖房、素材、納まりなど様々な事をレクチャーしていただきました。正直、北海道の住宅はここまで凄いのかと、大工さんや協力業者さんはここまで凄いのかと圧倒されっぱなしでしたが、うちの若い職人さん達も近い将来このレベルまで必ず引き上げてやろうと心に決めました。

また、夜はミライの住宅恒例の宴会での補習授業。普通飲み会ってなると仕事を忘れてってなりがちですが、北海道まで来る変態さん達なのでずーっと建築談義。2次会も建築談義。宿に帰って飲み直しも建築談義笑それでも全国各地から集まってきてるから、地域の話だったり色々な会の話だったり建築談義も話題は盛りだくさん。三日三晩全て亜耕さんからもお付き合いいただき、とっても濃ゆ~い夜を過ごさせていただきました。

毎年行き先が変わると言ってたので、機会があればと言うかなくても、また修行に参加したいなと思いました!

旧荒谷邸は訪問出来なかったけど、それは次北海道に来る理由が出来たとポジティブに捉えようと思います。

また、4日間滞在した北海道(札幌~旭川)で最低気温が―7℃までしか下がらなかったのは衝撃でした。ほぼ全ての時間で0℃から少し下がるくらいの温度は秋田とほぼ変わらず、北海道の冬で温暖化を肌で感じる事が出来ました。北国の寒い地域に住む人にとって暖冬は、光熱費を抑えることが出来るのはもちろん、除雪作業の労力から少しでも解放されるのでとても喜ばしい事です。それでも、それらが世界各地での異常気象に繋がっていると考えれば、手放しで喜ぶこともできず複雑な気持ちになります。

「秋田に最適な高気密高断熱の家で暖かく暮らす」をコンセプトに家づくりをしていますが、自然素材だけでなく地元の人や物を積極的に採用し、豊かな街づくりやSDGSな社会に少しでも貢献していけたら素晴らしいなと感じました。
ワインとアイスが豊富な通称セイコマ
1日目 Kハウス
2日目 旭川 天金
補習授業 塩ホルモン 炭や
高速バスから見た北海道駒ヶ岳
新函館北斗駅

変態の仕事

2023-12-28
長岡パッシブハウス(9回目会場)
修了証明授与式にて
空調講座10回目の変態達笑
そういえば1年ぶりに娘も帰省したけど秒で帰っていった笑
こんばんは。

1か月以上ブログの更新が止まってました…。
忙しいを理由に決めたことをやらない事ほど愚かな事はないですね…。反省です。

11月の第8回目全館空調講座in秋田以降、新潟の長岡市で第9回目を受講(車で片道5時間かけて参加)。
その2週間後の12月13日に埼玉県さいたま市で第10回目の終了検定があり無事!?合格。

12月5日には北海道建築技術協会主催のBIS試験がありこちらも無事合格。講習会と前日の徹夜でヘロヘロになりながらの合格でした。

年初に今年はインプットを増やしてめちゃくちゃ勉強することを目標にしましたが、正直な話、心は夏以降に何度も折れかけました。

その度に嫁に「あんたが好きで勉強してるんでしょ!」と言われ、「コンチキショー(# ゚Д゚)」って気持ちで乗り切ることが出来ましたが、嫁がいなければ途中で投げ出してたかも。
本当に自分の性格を知ってる嫁らしい励まし方だなと今では思います。


そんなこんなの師走を過ごしていますが、本日は秋田市での大規模リノベ現場で気密測定を行いました。

新築でも気密測定をしている会社はまだまだ少数派ですが、大規模リノベで気密測定をする頭のおかしい会社は、全国で見ても更に少数派かと思います。

大規模改修と言えば、断熱改修や耐震改修が思い浮かびますが気密改修はそもそも言葉として聞いたことがありません。

ただ、断熱と気密は常々セットだよと言ってる身としては、断熱改修をして気密工事をしない選択肢はありません。

しかし今回は既存を減築して、間取りを大幅に変更して、さらに勾配天井が2部屋もあり、正直大丈夫かなーっていう一抹の不安はありました。

さらにさらに1週間前に「C値0.0㎠/㎡!」って夢を見たもんだから、尚更不安に。
大体夢とはご先祖様の注意喚起で見るものなんで、反対の結果が出るのが世の常。

これで結果が1㎠/㎡すら切れなかったらどうしようって考えれば考えるほど寝れなくなります。※実際は毎日ワインを飲み過ぎて記憶をなくしていますが。

このプレッシャーを1人で抱えるのもしんどいので、若手棟梁の菊池にも「大丈夫だよね」「出来るよね」って言葉と共にお裾分けしました。
しかし、彼が寝れなくなった分だけ自分の睡眠が増えるわけではなかったので、傍から見ればパワハラモラハラの類だったかと反省してます。

そして当日、胃が痛い思いをしながら棟梁と気密処理の最終チェックをして、あとはもう何とでもなれの気持ちで測定に臨みます。

静かに送風ファンが回る音を聞きながら約5分ほど結果を待ちましたが、1発目の結果が0.4㎠/㎡でした。

口をついて出た言葉が「よっしゃー、お疲れさまでしたー!じゃあ帰ります!」

続けて棟梁が「俺も帰っていいですか笑」

2人でここ数か月のプレッシャーから解放された瞬間でした。

いつもであれば2回目3回目とより良い数字を求めて再測定しますが、今回は人事を尽くして天命にもお願いしてきたので結果を待つだけでしたので、これ以上は不要と思いSK初の1発終了でした。

ここの大規模リノベは年内引き渡しをしたくて頑張ってきましたが、工事が遅れ来年1月の中旬まで引渡しを延ばしていただきました。

これで結果が伴わないと申し訳も立たないのですが、2.5KWのエアコン1台で家を暖めることも確認できたので、来年からは快適な家で暖かく過ごしていただけると思います。


測定結果
断熱の欠損部の確認

全館空調講座in埼玉(秋田会)

2023-10-17
講座開始前の様子
おやつタイム
1種換気の効率実測
こんばんは。

本日、国交省から追加で省エネ住宅の補助金が発表されました。
新築住宅はZEHで80万、長期優良で100万円でしたが、着工が11月2日以降着工分とか。

9月末頃にこどもエコすまい支援事業が終わってからの空白の2か月ちょっとの間に着工された方は今回は切り捨てでしょうか?
弊社ではこの期間に建てられた方はいらっしゃらないのですが、切り捨てであれば少しは気の毒。
でも、補正予算でのオカワリはある程度予想できたでしょうから、それを分かった上で着工したのならしようがない。でもまた、「この期間も対象にしろ」って運動が起きると思いますが運命は如何に。



さて、現在自分が通っている全館空調講座in埼玉ですが終盤戦の8回目になりました。

そして8回目の会場は埼玉会なのに秋田!
場所はSK事務所ではなく自宅!笑

そしてそしてゲストは西方先生

厚かましくも西方先生に翌日の木粋の内覧のアテンドをお願いしたところ、講座も興味あるから聞きたいとの返事が。

当然泊りになるだろうから、じゃあ一緒に懇親会もと言うことで丸2日間、西方先生にお付き合いいただく贅沢会に!

当日の8回目講座は終盤戦で重要な内容でしたが、夜の宴会の段取りで頭に全く入ってこず一人上の空…。

そんな中、1~7回目をすっ飛ばして今回スポット参加の西方先生でしたが1番質問されてる。
自分だったら初会で初見の方が多いと貝になってしまいがちですが、西方先生は実績だけでなく人柄や建築に対する興味や愛が本当に凄い。

建築に携わる人間としてこの姿勢は見習わなくてはと思います。

そして5時間弱の講座が終わりいよいよ懇親会へ移動…はしないで自宅でそのまま宴会へ突入。

今回、私が本当に尊敬する鳳建設の森さんから「実は秋田で全ての都道府県を制覇します」と伝えられてから、これは普通のおもてなしはやめようと思い1か月以上を悶々と過ごしていました。

そして考え抜いた答えが西方先生と昔の秋田流な回転皿での仕出し宴会。

それを伝えられて同じ悩みを強制的に共有させられたのが嫁。

いい迷惑なのは百も承知!

猛反対も「だめ、決めたから」と一生に一度のお願いではなく、この時だけ年に数回の亭主関白。

「頑固爺!おい、こら」って言われても、右から左に受け流す力だけは人並み以上。

「何も聞こえない…」

唯一誤算だったのは、皆さん忙しい方々だから参加者は多く見積もっても10人もいないだろうとたかをくくっていた事。


結果は会場受講者13名、講師2名、西方先生、自分…総勢17名…。
ZOOM受講者のお二方も当初は参加予定でホテルとってた汗


そもそも自宅はそんな人数は想定してないからかなりキツキツ。

それに講座と宴会だけじゃなく、翌日の秋田観光の段取りやら車の事やら考えることだらけ。

講座の勉強で頭使わなきゃいけないのに、自分で悩みを増やすタイプ。
1か月前の自分に往復ビンタしてやりたい…。

まあ今年でいったん落ち着いたら、来年からの事は冷静に考えよう。
無計画にもほどがある。うん、そうしよう。

でも宴会が始まってしまえばそんなことを考える余裕は一切なし。
多めに買ったつもりのレア日本酒も、川ガニの甲羅酒も次々と次々と空けられていく。

そして日本酒の底が見えてきたから、お次は秘蔵のワインに。

そしたら西方先生、ワインはあまり飲んだことがないけど試してみようかと…。

ワインにバッカスも来た笑

そしてワインも次々と空いていく笑

気持ちいいほど空いていく笑

途中で嫁に酒屋に行くかと持ち掛けなければいけないほど、皆さん本当に飲む。

でもアテンド側としては嬉しくなる皆さん美味しい楽しいとの声。

この声は居酒屋では聞けなかったと思うから、本当に家でやって良かったと思った。

二度と家ではやらないけど笑

そして日付も変わった12時半過ぎに散会。

その後、森さん林さんに少しお付き合いいただき結局終わったのは午前1時半でした。

嫁はその後片付けなどして寝たのが3時半。
翌朝は5時から朝食を作ってくれてたらしい。

そんな今回、1番実感したのは嫁ちゃんありがとうって事。
嫁いないと何にも出来ない自分がいるのに気づけたのが1番の収穫笑

直接は恥ずかしいので、この場をお借りしてお礼申し上げます
熊肉、牛、鯛、鮭、燻りガッコ、豆腐カステラ、きりたんぽ、オール秋田産
超贅沢な2ショット!

佐藤の窓

2023-10-23
こんにちは。

先日、リーフを20万㎞乗っての電気代とガソリン代の比較をしてみましたが、充電効率を加味していないことが気になり少し調べてみました。

条件によって違いがあるので正確に何%とは言えないですが、充電器とバッテリーが共に90%程度が一般的な効率のようでしたので再計算してみます。

1kw÷(0.9×0.9)=1.23kw
200,769㎞÷(6.9kw÷1.23kw)×20円=715,785円

効率を計算に入れてないときは581,939円でしたので133,846円の差が出ました。

と言うことで、200,769㎞走った時のガソリン代と電気代の差額は1,353,751円と言う結果に。
自己満な計算結果ですが、少しすっきりです笑



さて先日の事ですが、SKホーム待望の窓が遂に現場に納入されることになりました。

その名もスマートウィン「佐藤の窓」。

高性能住宅界隈では言わずと知れた日本最高峰の窓。

高性能住宅を突き詰めていく場合、まずは断熱の厚さや種類に取り掛かります。そして基礎断熱か床断熱か、天井断熱か屋根断熱かで悩み、気密や付加断熱などを覚えていって、24時間換気の種類で悩み、最終的には窓に行きつくと思っています(窓以外は順不同笑)。

SKホーム的には基準の性能をクリアできれば断熱の種類や方法はそこまでこだわりはないのですが、ある一定の断熱基準に到達すると断熱材だけでは一気にコストパフォーマンスが落ちるラインが出てきます。

この辺は付加断熱以上の性能をしっかり計算した時がある人でなければ分からない話ですが、どんなに断熱を厚くしてもUA値がほぼ変化しない領域に突入します。

こうなった時に威力を発揮するのが窓。

断熱等級やUA値だけの数字で高性能を求めると、窓はどこまでも小さくなっていきます。
しかし日射取得や日射遮蔽を意識しだすと、秋田でもある程度の日射取得が見込めます。

ただ、秋田では国内メーカーの窓ではガラスの種類を指定しても取得と損失がほぼ比例して動きます。
と言うことは、計算上は窓を大きくすればするほど曇天以下の日は損失が勝って寒くなることに。これは日本海側の雪国の特徴的な悩み。

そこで威力を発揮するのが佐藤の窓になります。

窓を大きくしても損失はほぼ変わらず圧倒的に取得が増えるので、少しの冬の日射でも家の中を暖めてくれることになります。

窓の金額だけをみると光熱費で元が取れるというものではないですが、ではどうして採用するのかと言えば圧倒的に冬の心地よさが増すから。

佐藤の窓もそうですが、外付けブラインド、薪ストーブ、無垢フロアー、塗り壁、杉板外壁などなど…これらはコストパフォーマンスでは語れない「心地よさ」を与えてくれます。

住宅価格が高騰し予算を削ることに一生懸命になりがちですが、SKホームではよりサスティナブルな家づくりに取り組んでいきたいと考えています。

佐藤社長に似てると時々言われます笑
納まりなど打ち合わせ中
現場で見ればわかる圧倒的クリア感

日産LEAF

2023-10-17
納車時、ピッカピカ!
気づいたら700㎞以上過ぎてた笑
フルセグ!
こんにちは。

先日、嫁が岩手の実家に米を運んだ際に立派な松茸を1本いただいたのですが、実に3年ぶりの松茸でした。

ここ数年は全くと言っていいほど取れなかったと言うことで、松茸好きの自分は寂しい思いをしておりました。
嫁に言わせれば、無理に食べなくても舞茸で充分と言いますが、食い扶持が減るので松茸の美味しさに気付いてほしくない自分がいます。

自分も1本数千円も出して買って食べるかと言われれば???ですが、10年以上前は仕事の合間に自分で地元の山に登って採ってきたものでした。

今は左足の半月板が切れた状態で過酷な山登りなんて行こうとも思わないですし、今年に限っては熊との遭遇確率が高すぎて松茸どころの話ではないですね。

ちなみに、いただいた松茸は先日嫁とデッキでBBQをした際、炭焼きで丸かじりと言う1番の贅沢食いをしました。(昨日追加で5本送った連絡があったので、次は鍋です!)


さて、先日愛車の日産リーフで現場に向かっている時にふとメーターに目をやると走行距離が200,000㎞を超えていることに気づきました。

2018年4月に納になって5年と半年。
予定より2年近く遅れての200,000㎞到達でした。

当時はトヨタの普通車に乗ってましたが、毎日200km前後の走行で月のガソリン代が60,000円から80,000円の間位。

そこそこ古くなってたこともあり買い替えを検討してましたが、正直車に興味のない自分は軽自動車でも良いかなって感じでした。

ただ、自宅と事務所両方で充電できる環境であること、電気自動車の補助金も結構な額が出ることから思い切って日産のリーフを選びました。

自分的には全く迷いはなかったのですが、嫁はおろか日産の営業マンも自分の走行状態を聞いて全くお勧めしてくれなかったことは覚えています。

実際5年以上乗ってみて困ったことと言えば特にないですが、強いて言えば納車1年目の夏に血迷ってリーフで東京に行ったときくらいです。

午前9時の東京駅を目指して前日の午後9時ころに出発したのですが、真夏で充電が思うほど入らなく、東京まで片道8回くらい充電しなければならず予定時刻に2時間以上遅れたのが最大の後悔でした。

それ以外は、踏めばダイレクトにスピードが出るし、音も静かで久しぶりに乗ってて楽しいと思える車です。

話は戻りますが、当時は毎日200km前後走ってたので年間60,000㎞の走行予定で3年と4か月で200,000㎞に到達する予定でした。

しかし、2年と10か月で現在の移動距離0kmの場所に引っ越すことになり200,000km到達が今になったという感じです。

前置きが長くなりましたが、では5年と半年で実際にガソリンと比較してどれくらいの差額が出たのかを計算してみました。

走行距離 200,769km(5年6か月)
平均電費 6.9km/kwh
 車 速 41km

電気代 200,769㎞(走行距離)÷6.9㎞/kwh(平均電費)×20円(電気単価)=581,939円 
充電カード 2,200円×60回=132,000円
合計 713,939円 

ガソリン代(仮定) 200,769㎞÷15㎞(燃費)×160円(ガソリン単価)=2,141,536円
オイル交換等 3,000円×20回=60,000円
合計 2,201,536円

条件
電気単価は車にタイマー機能があるので深夜電力での充電のみ。
ガソリン単価はここ5年の中間値。
燃費はリーフと同等サイズの車の平均値(ハイブリット無し)。
オイル交換は10,000㎞毎。

上記の条件で計算した場合、5年6か月の差額は電気の方が1,487,597円も安い結果になりました。

この他にも車検や自動車税は格段にリーフの方が安いので、総額ではもう少し差が出ると思います。

そしてここで大事なのが、自宅で充電して急速充電は基本的にはあまり使わないと言うことです。

今現在、充電カードは以前のような充電し放題プランがなくなり、急速充電に頼る場合は一定の充電量を超えると従量課金制に移行します。後述はしませんが、充電し放題に比べると数倍の金額が掛かることになり、特に長距離を走る方には向きません。

また携帯電話のバッテリーでもいえることですが、急速充電を常用的に行うことで電池の寿命が早くなります。
※バッテリーは8年16万㎞の保証有。

自分のリーフは保証が効かない距離を走っていますが、先日の点検でもバッテリー状態は良好でセグ欠けもありません。

電気代が高くなっている現状を考えると、このままバッテリーをいたわりつつ乗れば乗るほどガソリン車より経費が掛からないことになります。

いずれは太陽光発電を設置して蓄電池代わりにも使えたら良いなと思う今日この頃でした!

つか、計算あってるかな?笑
バッテリーにも優しい男笑
初物1本
3年前の大豊作!
TOPへ戻る