本文へ移動


住宅取得でメリットが出る4つの支援策!!

①住宅ローン

⌂住宅ローン減税の控除期間が13年間

【概要】
 住宅ローン減税の控除期間13年間の措置の継続。
 適用年の11~13年目までの各年の控除限度額は、以下のいずれか小さい額。

 ・住宅借入金等の年末残高(4,000万円を限度)×1%

 ・建物購入価格(4,000万円を限度)2/3%(2%÷3)

 ※長期優良住宅や、低酸素住宅の場合:借入金年末残高の上限5,000万円、
  建物購入価格の上限5,000万円。

 また、上記の措置が適用となる場合、住宅の床面積要件について、
 合計所得金額1,000万円以下の方に限り、40㎡以上に緩和。

【対象者】
 消費税率10%が適用される新築・中古住宅の取得、リフォームに係る契約を以下の期間に締結し、
 令和4年末までに入居した方

 ・注文住宅の場合:令和2年10月~令和3年9月末
 ・その他の場合:令和2年12月~令和3年11月末

 ※40㎡台は令和3年1月~令和4年末に入居した方
●お問い合わせ先国土交通省住宅局住宅企画官付
〔03-5253-8111〕(代表)


②すまい給付金

⌂すまい給付金は最大50万円

【概要】
 収入に応じて現金を給付。
 収入の目安は775万円以下、給付額は最大50万円。

【対象者】
 消費税率10%が適用される新築・中古住宅の取得で、令和3年12月末までに引き渡しを受け、入居した方。

 ※住宅ローン利用/現金取得のいずれの場合も対象
 ※住宅ローン減税の契約期間と入居期限の延長、床面積要件の緩和に応じた措置を実施予定

●お問い合わせ先すまい給付金事務局
〔0570-064-186〕(ナビダイヤルには通話料がかかります)

 受付:9時~17時/土・日・祝を含む
 PHSや一部のIP電話からは045-330-1904



③贈与税非課税

⌂贈与税非課税枠は最大1,500万円

【概要】
 父母や祖父母等の直径尊属から、住宅取得等資金の贈与を受けて消費税率10%が適用される住宅を取得等した場合、最大1,500万円までの贈与が非課税(消費税率10%が適用されない場合は最大1,000万円)。
 また、住宅の床面積要件について、合計所得金額1,000万円以下の方に限り、40㎡以上に緩和。

【対象者】
 新築・中古住宅の取得、リフォームに係る契約を令和3年12月末までに締結した方。

 ※40㎡台は令和3年1月以降に贈与を受けた方

●お問い合わせ先国土交通省住宅局住宅企画官付
〔03-5253-8111〕(代表)


④グリーン住宅ポイント

⌂新築最大40万円相当。リフォーム最大30万円相当。
 グリーン住宅ポイント制度を創設。
 (一定の要件を満たす場合、新築最大100万円相当に引き上げ、既存の住宅や賃貸住宅の建設もポイント対象に)

【概要】
 一定の省エネ性能を有する住宅の新築(持ち家・賃貸)、一定のリフォームや既存の住宅の購入を行う場合、商品や一定の追加工事と交換可能なポイントを付与

【対象者】
 一定の住宅の新築(持ち家・賃貸)・リフォーム、既存住宅の購入で、令和2年12月15日から令和3年10月31日までに契約を締結した方

〔03-6730-5414〕
 受付:9時~17時/土・日・祝を含む


2021年3月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
営業時間|8:00 ~ 18:00     内覧可|日.月.火.木.金.土(水曜休み)
  • 定休日・臨時休業日
  • お盆休み
  • 正月休み
TOPへ戻る