本文へ移動

HEAT20・UA値・C値

HEAT20

「HEAT20」とは、温暖化対策の為に発足した団体で、
「2020年を見据えた住宅の高断熱化技術委員会」と言い、2009年に発足。
HEAT20はその略称であり呼称です。
 HEAT20が提唱する「G1」「G2」のグレードの住宅は、高断熱・高気密で性能が高い住宅になります。
HEAT20の評価基準は、「健康で快適に暮らせる住宅」「省エネが可能になる住宅」となっていて、「G1」「G2」基準に合わせることで、「快適に」「健康的に」「経済的に」暮らすことができます。
 「G1」か「G2」かは、日本を各地域に北から南まで1~7まで区切って、その中でUA値の値によってランク分けされます。
秋田県は沿岸地方の一部地域(秋田市や由利本荘市、にかほ市など)を除いては3地域に指定されており、基準のUA値0.28より寒さの厳しい北海道の1地域、2地域と同じ基準になります。
このことから、秋田県においてHEAT20G2をクリアすることは、どんな寒さの年にあっても健康で快適に、そして経済的に暮らせることを意味します。

UA値

 UA値(外皮平均熱貫流率)とは、部材や家から「熱が逃げる量」を数値化したものです、低ければ低いほど断熱性に優れていることになります。
住宅の断熱性を知りたい時はUA値を参考にします。
 UA値が低ければ、夏は涼しく冬は暖かく過ごす事が出来ます。
そのため、冷房・暖房の稼働率が少なくなり、光熱費を節約することができます。
また、同じ温室でも体感温度が冬季は暖かく、冬は涼しく感じます。
 
 快適に暮らす為のUA値の基準としまして、秋田県大仙市(3地域)では、HEAT20でUA値0.28となってます。

C値

 C値(隙間面積)とは、建物内でどれだけ隙間があいてるのかを測る数値です。
この数値が低ければ低いほど住宅の気密性が優れていると言えます。
気密性とは建物の隙間の少なさを表し、気密性が高ければ隙間は少なく、低ければ隙間が多いと言えます。
 C値が低ければ、外気の影響を受けにくく壁の中に入っている断熱材も断熱効果を存分に発揮できるため、暖房を効果的に使う事ができ、省エネルギーを実現でき電気代の節約が可能になります。
 さらに、C値が低い高気密住宅では壁の中に入っている断熱材や木材、部材などの結露を防ぐことができます。
壁の中の結露は断熱材のカビの発生につながり、住宅の老朽化の大きな原因のひとつになるので、長く住宅を大切に使うため、そして断熱効果を落とさないためにも壁の中の結露は絶対に防がないといけません。
 
 現在C値の基準はなく、高気密住宅と言われる住宅については、0.5以下が目安になり、快適に暮らすために確保しておきたいC値は1.0未満。できれば0.7以下を目指したいところです。
2020年11月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
2020年12月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
営業時間|8:00 ~ 18:00
  • 定休日・臨時休業日
  • お盆休み
  • 正月休み
TOPへ戻る