軸組材とプレカット

軸組材

(有)SKホームでは集成柱、集成梁(共にJAS規格)またはKD材を標準仕様にしております。

グリーン材(乾燥処理を施してない未乾燥製材)を使用した場合、工事施工後、割れや反り、縮みが起こり接合金物が緩む事が想定されます。内装面にも割れや隙間ができる場合があります。また、最近の住宅では高気密高断熱化が進んでいますので、含水率の高いグリーン材を使用すると内部で蒸発した水分が放出できずカビの発生につながる場合もあります。

*以前テレビで無垢材の桧(ヒノキ)で注文をした家が桧の単板を貼った集成材で作られ訴訟になっているといった番組を観ました。確かに無垢材で注文を請けて集成材で施工した会社は弁明の余地もないです。
しかし番組を観る限り、無垢材=善で集成材=悪のように感じました。無垢の桧を使用して家を建てる場合、基本的にその材はKD材になります。

一般的には
KD材(桧・ヒバ等)≧集成材≧KD材(杉等)>グリーン材

軸組プレカット工法

加工精度が高い
CAD/CAMによるデータ入力・出力のため、木材の加工精度がきわめて高く、構造躯体の強固な家を建てることができます。
個々の職人の技術の差に由来する加工の出来不出来という不確定な要素に左右されることがありません。
 
工期が短い
これまで施工現場で行われていた加工をあらかじめ工場で済ませてしまいますので、その分、現場工期が短縮されます。
仮住まいの費用や不便さも圧縮され、現場での加工に要する人件費節減という費用対効果も見込めます。

現場の廃材を少なくする
プレカット工法は、施工現場での加工による廃材の排出を抑えるという効果もあります。
現場清掃の手間を省くことができ、建築中も建物周辺を清潔に保つことができます。廃材抑制によって環境負荷も軽減できます。