本文へ移動
2018年11月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
2018年12月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
営業時間|8:00 ~ 18:00
  • 定休日・臨時休業日

思い立ったが吉日! 家は考えた今が建て時!!

でも、35年のローンを組むなら35年後の最悪の状態を考えるべし!!

 「家を建てたい!」…でもいつ家を建てればいいのか悩みますよね。
 
ここでの話は、35年ローン所謂フルローンで新築を検討してる人の話です。
ちなみに私は、30年ローンと35年ローンの2本立てで生計を何とか維持しております(汗)
 
佐々木学的には思い立ったが吉日と言いましたが、人生において「家を建てたい」と考えることは何度もあることだと思います。
 
 例えば、結婚をした時や子供が生まれたとき、はたまた趣味の物が増えすぎて手狭になった時など、考えられるケースは様々です。
では、どうして思い立った時なのかと言いますと、年を重ねるごとにローンを組めないリスクが増大していくからです。
 
現在、住宅ローンを組む場合は20代から申し込みが出来、勤続年数も3年以上(金融機関によって違いあり)と一昔前の条件と比べれば格段に緩くなっているのが現状です。私が最初の住宅ローンを組んだ15年程前(30歳ごろ)は、大工としての年収が300万円強でしたが、実際に金融機関から借りることが出来たのは、最大で1080万円でした。それも祖父に頭金の200万円を用立ててもらって借りれたのがです。
信用情報や会社の状態など色々と要因はあったかと思いますが、車のローンもない状態だったので、正直その金額を聞いて愕然としたのを覚えています。
 
しかし現在では、20代でも民間の会社に勤続3年以上、年収が300万円程であれば信用状態によりますが、最大で2100万円位は借りれると思います。※あくまでも予想で借入額を保証する話ではありません。
 
これも一昔前の話ですが、家を建てる方の年齢層は圧倒的に40代以上の方が多かったです。
仮に45歳で家を建てようと思った場合、そこから家を計画して着工から引き渡しまでザクっと1年かかったとすれば、ローンの最終払い込みの年が76歳になります…。それでなくとも、年を重ねるごとに病気のリスクや景気の動向に左右されるので、今は健康で仕事があるって思っても、5年後、10年後となればローンを組めなくリスクも増大します。
まして、払い込み最終年が老後に食い込めば食い込むほど、健康でいても生活を圧迫するリスクは増えるわけです。
 
ならば、いくらでも若いうちに負担にならない無理のない金額でローンを組んで家を建てるのが良いと思うのです。
ここで言う無理のない金額とは、今の生活レベルを変えなくても払える額です。
 
別の章でも述べましたが、家は出来た時が一番新しいです。何を当然っていう話ですが(笑)
言い換えれば、年を追うごとに家は古くなり、35年フラットで払う場合でも、1回目の返済金額と420回目(35年後)の返済額は、額面が同じでも支払う金額に対する対価は圧倒的に価値が下がっているのが現状です。
 
なので、佐々木学的に家はマッチ箱でいいと思うのは、夢や希望を通すために無理なローンを組んで建てたことを後悔して欲しくないからです。
 
私が15年ほど前に家を建てるときに、金融機関から希望の金額を借り入れることが出来なかったのは、今にして思えば本当にありがたい事に思えます。
当時、希望の間取りを通すか会社で登録したばかりのSW工法(高気密高断熱工法)にするかを迷ったときに、どちらか一方を捨てなければならなかったのですが、実家が寒い家だったこともありSW工法で狭い家を建てたのは、今でも正解だったと思います。
ここに至るまで、部屋数の少なさ(2LDKの家)で悩んだこともありましたが、子供が学生時分の一時の悩みでしたし、それも今となってはいい思い出です。
逆に、当時間取りを押し通していれば寒くて大変な思いと今では余剰部屋の活用に悩んでいたことだと思います。
 
その経験からも言えますが、家は出来るだけ若いうちに無理ない金額で建てるのがベストだと考えます。
将来的なリスクを考えた場合でも、住宅ローンには「団体信用保険」が付いてきますので(フラット系は自分払い)、死亡や成人病にかかった時に債務が消えるため家を手放さなければいけないリスクも減ります。
 
家はマッチ箱で良いとは言いました。それでも、小さくても新しい家で家族と食べるご飯は本当に美味しいものです!
また、長い人生において、「衣食住」は欠かせないモノであっても負担になってはならないと考えます。
まずは今現在から35年後の人生を想像して、どうありたいかを考えて家づくりを進めるのが、後悔しないための一つの方法かと思います。
 
 
TOPへ戻る