リノベーションで失敗しないために

建ててから不満が出ないように…

今お住いの家や中古の物件を購入してリノベーションを考えてはいるけどどうしたらいいかわからないという方が多いのではないでしょうか?
今回はリノベーションで失敗しないために大事なことをご紹介します。
 
・希望のリノベーションが出来るか業者に確認を
配管の位置や、物件の構造によっては出来る範囲が変わってきます。
いざ着工となったときにやっぱり構造的にできませんと言われないように綿密に確認をしましょう。
中古物件や中古マンションのリノベーションをお考えの方は物件の購入前に確認を取るようにしましょう。
 
・間取りの取り方が悪く、住んでみたら狭かった・危ないところが多かった
対面キッチンに憧れて取り入れてみたら通路が狭くなり使い勝手が悪くなったというのをよく聞きます。
また階段のすぐ近くに扉があると大けがの元になりかねません。
住んでからでは直せないので可能なら業者に間取り図以外にパースや、立体図などを作ってもらって確認しましょう。
 
 
突然の訪問業者には気を付けましょう!
・見積りを1社だけにお願いして割高になった・安すぎて失敗した
見積りを面倒くさがって1社にしか頼まず見積りに色々上乗せされ割高になっという例があります。
逆に安すぎる業者は確認せずに出来ると言っているということもあり、手抜き工事をされてしまったということもあるようです。
見積りは数社からとり、できれば実際に会って相談し確認するのがおススメです。
また、急に訪問してきて「無料で点検します!」「今なら大幅に値引きします。」などと行ってくる業者は悪徳業者の可能性が高いので契約しないようにしてください。
 
ご紹介したのはほんの一例ですが、大切なことは事前に確認するということです。リノベーションが可能な物件か、業者との食い違いがないか確認を怠らないようにしましょう。
またご自身の希望をはっきりさせると業者との話し合いがスムーズに進みますよ。