お風呂のリフォームって高そう…

どうしたら安くできる?

一日の疲れを癒すところだから安く納得のいくリフォームがしたいですね。
水廻りのリフォームは何かと高いイメージがあります。
今回はお風呂のリフォームをなるべく安くできる方法をご紹介します。
 
・複数の業者から見積もりを取る。
数が多いことで混乱してしまい冷静な判断ができなくなる可能性があるので3社くらいから見積もりを取って比べてみましょう。
その際にすべて同じグレードの商品で見積もりを出してもらうようにしてください。商品のグレードが違うだけで金額がかなり変わります。その点のみ注意しましょう。
 
・安いグレードの物を選ぶ
こだわりがなければ安いグレードの物を選ぶのも手です。それだけでも数十万円も費用が変わってきます。
ただしユニットバス入替の場合、サイズの関係で商品を自由に選択しにくいこともあります。
 
・気になるところだけリフォームをする
浴室の状態やリフォームする目的によっては、全体でなく部分的なリフォームだけでも充分なこともあります。
タイルの床をクッション性のあるものに変える、壁の一部だけといった場合はその部分だけ直すほうがお得です。
 
・追い炊き機能をついていないものを選ぶ
最近の浴槽は保温機能が高いものが多く、冬でも蓋を閉めていれば温かさが持続するようにできています。
入る時に熱いお湯を少し足すと温かく快適に入ることが出来ますよ。
追い炊き機能を外すとオプション機能と給湯器のオプションが不要になるのでその分費用を抑えることができます。
 
また場合によっては火災保険が適用になり費用がまかなえる場合もあるようです。
ですが申請が大変なのと、保険金を狙った悪徳業者が多いので保険に関しては信頼できる業者や工務店への相談をおすすめします。