使いやすいキッチンにしよう

ワークトライアングルって何?

以前のコラムにも記載をさせていただきましたが、使いやすいキッチンにするために、何にでもすぐに手が届くようになると考えられている最適な作業動線のことをワークトライアングルと言います。
キッチンの理想的な動線をつくるためのワークトライアングルとは、【シンク】【コンロ】【冷蔵庫】の3点を、線で結ぶとできる三角形のことです。
 
この3つを結ぶ作業動線の三辺のバランスがよく、正三角形に近いほど、作業効率がよいといわれています。
理想的なワークトライアングルの長さは、三辺の長さの合計が、360cm~660cmとされています。
それぞれの具体的な距離は、以下の通りです。
 
「シンク・ガスコンロ」間の辺の長さは、120~180cm
「シンク・冷蔵庫」間の辺の長さは、120~210cm
「ガスコンロ・冷蔵庫」間の辺の長さは、120~270cm
 
また、この範囲を超えてしまうと動きにムダが出てしまい、逆に短くなると配膳や収納の時のスペースが狭く、いずれも作業効率が悪くなってしまうと言われています。
つまり、ワークトライアングルは、作業動線の良し悪しをチェックする目安になるのです。