はじめまして

私たちは待っています…

家づくりを始めるにあたって、多くの方は「初めて家づくりをする」と言う方ばかりだと思います。

家づくりを始めようと思い立ったあなたは、最初に何をしますか…

展示場に行くことでしょうか?
とりあえず資料請求!でしょうか?

先ずは、冷静になって考えて下さい。

あなたは、家づくりは初めてではありませんか?
あなたは、家づくりに関してどのくらい知っていますか?


家づくりを始めようと思い立ったあなた…

このホームページをご覧頂いているのですから、しっかりと自分がするべき家づくりとはなんなのか、一体どういうものなのかをイメージして下さい。

そうすれば必ず、自分の思い通りの家を極力コストをかけずに手に入れることが出来ると思います。

家づくりは、一生で一番支出のかかる一大プロジェクトだと言えます。この家づくりを成功へ導くのも、なんとなくで終わらせてしまうのも、あなた次第です。

どうか、わたしにあなたの
家づくりを成功に導くお手伝いをさせて下さい。

ざっくり家づくりガイド

STEP.1

あなたは、家がどうやって建てられるか知っていますか?
はじめて訪ねてくるお客様には、大きく分けて2パターンいます。

住宅雑誌やインターネット情報だけをものすごく調べてい
 るお客様。
家を将来的に買いたいと思っているけど、よくわからない
 お客様。

一番重要なことをいいます。
まず最初は、家を作っている現場をみる!
あなたが最初にしなければいけないことはこれだけです。

展示場もしくは完成見学会どちらでも構いません。とりあえず実際に家を見ると、雑誌やインターネットではわからない生の情報を知ることが出来ます。

もちろん見るのは一回だけでなく、納得できるまで何度でも足を運んでいろんな家を見てください。
あなたにとって、一生に一度の大きな買い物です。
後悔だけは決してして欲しくないのです。

あなたが家を建てるときに最初にすること…
それは、実際に家を建てている現場に行く!です。
 
STEP.2

家の適正価格とは?
家は一体いくらなのでしょうか?
家の価格はどうやって決まるのでしょうか?

これはとある
お客様の話です。

そのお客様は最近二人目の子供ができ、アパートも手狭になってきていました。年齢も30歳を超え、そろそろ家の購入を考えていました…

そこで、テレビでよくCMが流れている大手ハウスメーカーの展示場に行ったそうです。アンケートを書き、展示場を見て回りました。すると細身で同年代くらいのさわやかな男性営業マンが、笑顔で話しかけてきたそうです。

色々と話をしている内に、その営業マンの印象も非常に良かったので見積りを貰う事になりました。その見積り金額をみて、彼はびっくり!ざっくりした金額でしたが、6000万円と言われたそうです。

その後、彼は地元にある工務店の見学会にいき、そこの社長と知り合いました。
そこで彼が家を建てるのに聞いた見積り額は、
約半分!なんと3000万円も違うのです。
どうしても信じられなかった彼は、工務店の社長を連れて展示場へ…

「この展示場の家と同じ家をお願いしたらいくらですか?」と聞いたところ、工務店の社長が答えた金額は変わらずの約3000万円。
全く同じというわけではありませんが、彼と奥さんの希望
を十分に満たしながらも価格は倍も違うのです!


彼は思いました。
家を買う時は展示場に言って話を聞くだけでなく、家を作るプロに相談することも大事だと…


あなたが家づくりで失敗したくないと考えているなら、一度家を作るプロ「工務店」に相談することをオススメします。

大手ハウスメーカーの価格が高い理由は、高額な広告費・営業に掛ける人件費に因るものです。当社は営業がいません。もちろん高額な広告もしていません。だから、適正価格で家づくりが可能なのです。
 
STEP.3

家を買うことは、人生に一回あるかないかの買い物です。
資金計画を間違えると、幸せになるために買ったはずの家が思わぬ、人生の足枷となります。

たとえば、ローンを払うために…


食事のおかずが粗末になった。
夏休みや冬休みに楽しい旅行に行けない。
お小遣いを減らされ飲み会などのお付合いにいけない。

家を買うことで、多くのことを我慢我慢我慢!!

 

やっぱり毎日の生活は、余裕がある方がいいです。

しかし、あなたのことを考えていない営業マンから家を買った場合、予算ギリギリの家を買わされ、幸せな生活が送れなくなります。

せっかく幸せになるために買った家が、不幸のはじまりとなってしまうのです…

あなたが、幸せな家族計画をお望みであれば、ぜひご相談ください。