有限会社SKホーム
〒014-0206

秋田県大仙市長戸呂字柳原39
TEL:0187-52-6226[代 表]
FAX:0187-56-3938
E-mail[㊤:代 表|㊦:柴 田]

info@kaiteki-seikatsu.co.jp

shibata@kaiteki-seikatsu.co.jp
────────────────
会社所在地

採用工法

通気工法

木造住宅の外壁内部は、室内からの湿気が入り込んだりすると内部結露を引き起こす可能性が高くなります。軸組工法の場合、寒冷地を中心として壁内の湿気による結露やカビが発生する事例が数多く報告されてます。この内部結露は、結露によって壁内の木材が腐食して建物の耐久性を低下させます。また室内側の石膏ボードの裏面にカビが発生し、室内の環境そのものも不衛生な状態となります。
この状態を改善するために壁体内の湿気を外部に放出する手段として外壁通気工法を採用する必要があります。
この工法のメリットは、内部結露を少なくすることが出来る事です。その結果、建物の耐久性が飛躍的に向上します。

瑕疵保険制度では外壁をサイディング張りとする場合、外壁通気工法で施工することが保証条件ともなっています。

剛床工法

パネル工法

パネル工法の構造体は耐衝撃性にも優れています。壁倍率の高さや不燃焼性も向上していて湿気にも強いので、とてもバランスに優れた構造で建てられています。

パネル工法で建てられている家は、地震や台風、そして劣化にも強いといった特徴を併せ持っています。
構造用のパネルは色々な機能がありますが、それぞれハウスメーカーや建築会社などによって実験を繰り返し、いろいろと優れた機能を持っていることを表しています。

また、湿気にも強いということは、日本のじめじめとした気候にも強く、人体にあまりよくない影響を与えると言われている有害物質の排出規制(F☆☆
☆☆)にも対応しています。
 

施工事例

大仙市 O様邸新築工事
大仙市 S様邸新築工事
施工事例:宮城県富谷町I様邸(42坪)
工事期間:基礎工事〜完成引渡しまで約40日
自社工法:耐震ボード張り/ウレタン吹付け断熱
※オール電化住宅に比べて工事単価は坪5万円程上がります。