本文へ移動
2018年10月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2018年11月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
営業時間|8:00 ~ 18:00
  • 定休日・臨時休業日

予算をオーバーしてしまった

どこを削ればいい?

予算も間取りも決まり見積もりをみたら予算をオーバーしてしまったということをよく聞きます。
一生に一度の大きな買い物なので予算内に希望通りの家を建てたい・・・。
ではどのようにすると予算内に収める事が出来るのでしょうか?

シンプルな形状にする

間取りをシンプルにするということも大事ですが、屋根を総二階にする、片流れ屋根や切妻屋根にするなどこれらの方法でコストカットが狙えます。
またシンプルな形の総二階の方が不必要に凸凹している家よりメンテナンスがしやすく長く住む事が出来ます。
そしてシンプルな形の分、揺れにも強いので万が一地震が来ても安心です。

間取りの構造を考える

なるべく壁で仕切らないこともコストダウンへつなげる事が出来ます。リビングとダイニングに壁を作らずもし必要になった場合は後から作ることも可能ですし、自分でカーテンやアコーディオンドアを付けるなどの工夫が出来ます。
また水回りをなるべく一か所にまとめるとその分配管工事などの手間が減るのでコストを抑える事が出来きます。
 
他には二階に子供部屋を作る場合、子供が一人の場合は大きくなったら家を出て一人暮らしすることを考えて少し小さ目の部屋にする、二人いる場合は最初はドアを2つつけて広めの一部屋にし、大きくなってから真ん中で仕切りそれぞれの部屋にするなどの工夫が出来ます。

自分で用意できるところは用意してみる

照明やエアコン、カーテン、家具など自分で用意できるところは用意してみましょう。
カーテンは頼むと結構金額が掛かるので自分で用意したほうがお得なことがあります。
もしDIYが得意な方は配線などは工事業者に頼んで、照明やエアコンは自分で取り付けると更にコストを抑える事が出来ます。

絶対削ってはいけないところ

屋根・外壁・柱・断熱材・窓はなるべくお金をかけていいものを選びましょう。
これらのものを削ると耐久性や、断熱効果がダウンしてしまいます。
屋根に関しては雨漏りの危険もありますのでこれらの物に関しては妥協しないようにしましょう。
外側を丈夫にしておくと光熱費が掛からず夏でも冬でも快適な家になりますよ。
また、ご家族がいる場合は話し合いそれぞれの妥協点を見つけるのも大事ですが、こだわりたいところは妥協せずこだわるのも大事です。
出来上がってから「イメージと全然違う・・・。」となると今後その家に住み始めても楽しく生活ができません。
ご自身の納得できる家を目指しましょう。

それでも難しい場合は・・・。

もし見積もりを1社からしか取っていない場合は複数の会社から見積もりを取りましょう。
この時大手ハウスメーカーよりも地元密着型の工務店の方が値引きをしてくれやすい傾向にあるようです。
自分の希望に合った会社を選び交渉してみましょう。
弊社では見積もり、相談無料で行っていますのでお気軽にご相談ください。
TOPへ戻る