2018年8月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2018年9月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
営業時間|8:00 ~ 18:00
  • 定休日・臨時休業日
  • お盆休み

失敗しない家づくり

家の内装も大事!でもまずは予算を決めよう!

家を建てるとしたらリビングは広くとって窓は大きく日当たりを良くして、お風呂はやっぱり広めでああしてこうして…とついつい内装のことを考えてしまいがちですが、予算から考えていくとスムーズに計画を進めて行けますよ。
ちなみに建てる際に掛かる費用は大きく分けて3つです。
 
・本体工事費
その名前の通り建物本体に掛かる費用です。
具体的には基礎工事、骨組み、内外装、屋根、設備を含み全体の金額の7~8割を占めています。
 
・付帯工事費
建物本体以外に掛かる費用です。
内容としては、車庫、土間コンクリートや門扉などの外構工事や、屋外排水工事(最近は住宅本体に含む場合が多数)、地盤改良の際に掛かる金額です。建て替える場合は解体工事費もこちらに含まれます。
全体の金額の1.5~2割を占めます。
 
・諸費用
住宅ローン手数料や登記費用、火災保険などの各種保険、不動産取得税や固定資産税などの工事に含まれない手数料子ことを言います。
また基本的には現金での支払いになるため、予算として確保をしておきましょう。
全体の0.5~1割を占める費用です。

今の生活から返済額を考えよう

ローンを借り入れる場合は月々の返済の額から考えることが大切です。
「早く返済したいからちょっと苦しいけど月々10万を頑張って返済しよう!」
という考えや無理をして身の丈に合わないローンを組むのは後々生活が苦しくなってしまうので絶対やめましょう。
考え方としては現在生活しているレベル、アパートやマンションにお住まいの方は月々の家賃を目安にすると決めやすいです。
また予算についてイメージが付きにくい場合は資金計画を作ってもらって早めに確認をすると良いでしょう。
今生活をしていて余裕があるなら家賃より少し多めに、余裕がなければ少なめに、と言ったた感じで生活に無理のない範囲で返済できると理想です。
また家を買ったり新築の場合には毎年固定資産税(目安として年/10~20万円)も掛かります。
こちらはボーナスから支払うという考え方もあります。
また借りられる額は、毎月の返済額と返済額から考えましょう。
 
せっかく家を建てるのですから住み始めた後で支払いに追われ快適に暮らせなくなると元も子もありません。
住み始めてからも余裕をもって暮らせるように生活費のことも考えて予算をたてましょう。