本文へ移動
2018年10月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2018年11月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
営業時間|8:00 ~ 18:00
  • 定休日・臨時休業日

リノベーション建築とコンバージョン建築のちがいとは?

コンバージョン(conversion)とは、既存の建物を用途変更して再生させることです。日本の場合、コンバージョンというと賃貸事務所だった建物を集合住宅に用途変更する例が多いようです。
 
コンバージョンと共によく聞く言葉でリノベーション(renovation)があります。リノベーションには修復・刷新という意味があり、今ある建物の用途を変えないまま価値を再生する(そのまま付加価値を加える)場合に用いられます。

コンバージョン建築のメリットって?

コンバージョンは建物の解体・建て替えをすることなく、既存の構造躯体を利用しつつ新しい用途の建物へ生まれ変わらせる手法です。
低コストで済み、建て替えに比べて工期が短いことも魅力の一つです。
 
日本のコンバージョンは、利便性のよい立地に建つオフィスビルや空きが目立つ物件で採用されるケースが多いようです。
オフィスビルはもともと内部の間仕切りが少なく、窓ガラスも大きく取ってあることが多いため、用途変更は自由度が高く比較的コンバージョンしやすいと言えます。
 
採算が取れなくなった賃貸オフィスを集合住宅などの住居系に用途変更することで、採算が取れるようになることは大きなメリットですが、オフィスが住居系に生まれ変わることで、空洞化した都心の一等地に人を呼び戻すという効果も生んでいます。

コンバージョン建築の事例

小樽運河沿い 石造倉庫
日本でコンバージョンした事例は観光地のあちこちで見ることができます。
 
例えば、観光スポットである北海道の小樽運河沿いには石造倉庫をコンバージョンとした飲食店などの店舗が並んでいます。
山形県の日本海に面する酒田市には、かつて米穀倉庫として使われていた土蔵造りの建物を歴史資料館や観光物産館にコンバージョンした「山居倉庫(さんきょそうこ)」があります。
 
いずれも建造当時の面影を残しながら商業施設として生まれ変わり、沢山の人を集めています。
弊社でも、車の整備工場として使われていた建物を介護用品レンタル販売用店にコンバージョンしたり、飲食店をコインランドリー店舗にコンバージョンしたりと建築需要が増加しています。
 
空き家問題が世論で注目されてきた今、空き家を再活用する観点でコンバージョン建築はリノベーション建築と共に今後注目されるでしょう。
TOPへ戻る