本文へ移動

リノベーションとは?

最近、リノベーションという言葉をよく耳にする様になりました。
 建物の広告でも、この言葉が使われていますし不動産会社や建設会社の部門名称に使用されることも珍しくなくなってきました。

リノベーション「Renovation」を辞書で調べると、革新・刷新・修繕・修理・元気回復といった意味となっていて、少しわかりづらく言葉の定義も曖昧です。
 建物について建設業界などで解釈されている一つの考え方では
「既存の建物が完成当時に持っていた価値を上回る新しい価値を創造し建物を再生・再構築する」といったニュアンスとなっています。

 時間の経過と共に古くなり、新しいニーズや業務スタイルに対応が出来なくなった既存の建物や設備…

その設備を時代に合った用途や機能を持たせるために改修し、建物・設備の価値や魅力を再び高めることが、リノベーションであると当社独自の定義を設けました。

リニューアルやリフォームは、建物を時代に合う様に新しく改修し設備を更新することを意味しますが、リノベーションは新しい概念による建物の再構築・建物価値を高める・建物性能の向上といったことに重点を置いていることが前者との違いです。

 建築設備分野にとって求められるリノベーションは、
環境性(Ecology)・快適性(Amenity)及び信頼性(Reliability)を高めることです。
具体的な例を挙げると…

環境への対応」では、今日当たり前のこととなっているCO2の削減・省エネルギー性能の向上を図った高効率の設備やエネルギー管理システムを導入していくことです。
 

快適性の向上」では、建物自体あるいは室の用途変更(コンバージョン)や高度情報化システムの導入に対応した設備計画を実施し適切な空調や照明などを改善することにより居住空間の快適性を向上していくことです。
 

信頼性の確保」では、最近よく聞くBCP(ビジネス継続プラン:建築物については地震や洪水などの自然災害に対する対応が今のところ主流です)を目的とした設備、インフラ整備や保守性を重視してシステム構築を行うことなどが必要となっています。

 しかし、すべての建物がリノベーションの実施に向いているわけではありません…
 
建物価値を上げるために最も重要な耐震性の確保にコストが掛かり
すぎるものや、低い階高で自由なレイアウトが困難なもの等、リノ
 ベーションに不向きな建物が数多くあることも確かです。

老朽化や陳腐化した建物を再生するためには、従来のスクラップ&ビルドの手法を選択するしかない場合もありますが、解体や新築に比べ廃棄物を少なく出来、地球環境にもやさしく比較的低コストで建物の価値を高められる「リノベーション」の需要は、今後多くなっていくと当社では考えています。
2021年7月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2021年8月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
営業時間|8:00 ~ 18:00     内覧可|日.月.火.木.金.土(水曜休み)
  • 定休日・臨時休業日
  • お盆休み
  • 正月休み
TOPへ戻る