2018年8月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2018年9月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
営業時間|8:00 ~ 18:00
  • 定休日・臨時休業日
  • お盆休み

浴室リフォームを検討するなら

一日の疲れを癒すお風呂

LIXIL アライズ
お風呂は体の汚れを洗い流す場所というだけではなく、日本人にとっては一日の疲れを癒すための大切な場所ですよね。
 
日本人はシャワーだけでなく浴槽に浸かる文化があるため、より快適に過ごすことができるバスルームが求められます。
 
「浴室リフォームを検討しているけど、リフォーム中はお風呂が使えなくなっていしまうから工期が気になる」という方は多いのではないでしょうか?

浴室リフォームにかかる工期は?

 
まず、リフォームにかかる期間はリフォーム内容により異なり、特に現在のお風呂がユニットバスなのか、在来工法のタイルやモルタルの風呂なのかが最も大きく影響します。
 
ユニットバスから新しいユニットバス(壁・床・天井・バスタブ)にリフォームする場合の期間は、おおよそ3~4日間です。工事に併せて洗面所などをリフォームする場合は、その分工期が長くなります。
 
タイルやモルタルなどの風呂からユニットバスにリフォームする場合は、最短でも5~7日間程度が目安となります。土間コンクリート工事などがあるため、養生期間などが必要で時間がかかってしまうからです。
 
※1日でも工期を短くしたい場合、架台の上にユニットバスを乗せて土間コンクリートを省くという方法もあります。
 
ユニットバスに交換するにあたって、浴槽や壁などに断熱材などのオプションをつけることが出来ます。しかし、寒冷地においては躯体や土間などに断熱を施工することをお勧めいたします。
メーカーオプションでユニットバスに断熱材をつけても、家そのものの断熱性能が悪い場合、思ったほどの断熱性能や保温性能を得ることが出来ません。どんなに古い住宅やマンションであっても、解体工事後には壁中や床下があらわされるので、ユニットバスとは別に躯体そのものの断熱改修を必ず行いましょう!
 
断熱材と併せて気になるのが、窓の交換をするかしないかです。
外に取り付けられる窓を交換する場合、当然外壁などの補修・交換も必要になってきます。
工事金額や工事期間にも影響してきますので、現在の窓がどういったものか、施工会社とよく相談して決めましょう。
 
※選択肢は少ないのですが、既存の窓の内側に樹脂製の窓をつけることも可能です。その場合は、外壁の補修などは必要ありません。
 
リフォーム最終日は入浴できますが、それまでの期間は温泉や銭湯などをあらかじめ探しておきましょう。
近くに銭湯などがない場合は、仮設のお風呂を借りることも可能ですので、施工会社に確認してみましょう。