家づくり計画

1.資金計画

まず、一番大切なことは総額でいくらまでなら出せるかを試算することです。
「現金」で全額支払える方もいるのでしょうが、一般的には「住宅ローン」を組むことが多いです。

住宅ローンは収入などによって、借り入れ限度額も決まってきます。
自分がどれくらい借りられるかを知ることも大切ですし、生涯設計の中で、毎月の返済額がいくらなら返していけるかをしっかりと考えないといけません。


Point!
決して他人任せにせず、自分で納得できる住宅の総予算を出す事が重要です。

2.家族会議

自分たちはどのような家に住みたいのか、間取りや必要な広さと部屋数、収納面積、予算に合った家とは・・・等を家族で話し合い基本的な方針を決めましょう。

Point!
構造や工法で悩まれた時は、お気軽に当社にご相談下さい。

3.土地探し

予算が決まったら土地探しです。(もちろん建替え等の場合は不要です)
総予算の中から、土地に出す金額をおおよそ割り振ります。
場所によっては土地よりも建物の方が高い場合もありますし、逆の場合もあります。
土地の広さや、法的規制の有無、インフラの整備状況や周辺環境などを確認して自分に合った土地を探します。
土地によっては家を建てる依頼先が決まってしまっている物件もあります。
果たして、それで納得できるのかを慎重に判断しましょう。
土地が決まってくれば、住宅ローンの事前審査などで金融機関から希望額が本当に借りれるかどうかの審査などを行う事になります。

Point!
土地によっては家を建てる依頼先が決まってしまっている物件もあります。
果たして、それで納得できるのかを慎重に判断しましょう。

4.建物見学

家づくりの方針が固まったら展示場や完成見学会等を見学することが大切です。
展示場は豪華に飾られた不特定多数の顧客を対象としたイメージ商品ですから、実際に建つ建物よりもはるかに高価な空間です。

豪華な空間に目を奪われてしまい、いつの間にかハウスメーカー主導の家づくりになってしまいがちですから、基本的な方針を決めて見学することをお勧めします。

Point!
展示場よりも実生活が見える完成見学会をお勧めします。

5.工務店の選択

この段階で、どの様な構造・工法にするのか、設備内容や間取りの考え方等をまとめ、住宅会社を選択して下さい。
この時点で、一社に絞ってしまうのではなく数社(2〜3社)選択し、細部の仕上げや設備機器の条件を提示し、同じ条件で見積を提示させ検討することが大切です。

Point!
会社を選択する際は、当社も是非とも土俵に上げて下さい。他社競合に競り勝つ自信はあります!

6.家のプランと概算見積り

気になった住宅会社があったら、家のプラン作成を依頼します。
この時点で、敷地に合った家のプランにするために、「敷地調査」と呼ばれる敷地の広さや勾配、接する道路の幅や長さなどの土地の現況調査を行うところが多いです。


敷地調査をして、敷地の正確な大きさや法的規制の有無などが確認できますので、実現可能な家のプランまで作成を依頼できます。

Point!
いくつかの住宅会社で迷っていて価格で比較をしたい場合は、この段階でのプランは極力同じような間取りで見積もりしてもらう事をお勧めします。
なぜなら広さも仕様も違うと総予算も当然違ってきますので、簡単に比較ができなくなってしまうからです。

7.依頼先との仮契約

納得して家づくりを依頼出来そうな住宅会社が見つかれば、今度は本格的なプランの打合せをするために「設計申込」を行います。
※仮契約などと言う場合もあります。

Point!
この段階になると、あなたが本当に銀行からローンが借りれるかどうかの『事前審査』と 呼ばれるものに申し込む事となります。

8.地盤調査

最終的な見積もりを出すためには、地盤調査が必要になります。

これは、土地が家を支えるだけの強さを持っているかどうかを調べるための調査なのですが、ここで補強が必要である事がわかったりすると、その費用として100万円前後掛かる場合もあります。

Point!
土地から探されている方は、ここで余分な費用が掛からないように極力良い地盤の土地を探すようにして下さい。

9.プランの詳細な打ち合せ

主に間取りや住宅設備(キッチン・トイレ・お風呂)をどれにするかや、電気スイッチ、コンセントの配置など見た目に分かるところの打合せになります。
気になるところはドンドンと質問して、納得のいくまで打合せしましょう。

Point!
大手ハウスメーカーなどは打合せ期間に制限を設けているところがほとんどで急かされますが、当社はお客様の納得がいくまでとことんお付き合い致します。

10.本契約

最終的な契約です。
注文住宅の場合、『請負契約』と言う契約を結びます。

Point!
基本的に契約は、両者が合意して成立つものになります。契約の約款内容などをよく読んで吟味し、納得のいく内容であることを確認しましょう。

11.住宅ローンの申し込み

この段階で、住宅ローンの本申込となります。
打合せで決まった設計図書などと共に、借り入れに掛かるある程度まとまった費用が必要となります。

12.建築確認申請

計画した内容の通り、家を建てて良いかどうかを審査機関に届け出ます。
ここで、『建築確認済み証』と言う証書が発行されれば、家を建てる事を公に認められたことになります。

13.地鎮祭・着 工

地鎮祭は工事の安全を祈願して行う、昔からの習慣です。
近年では、地鎮祭を行わない方も多くなってきているようです。
※地鎮祭は神主さんに支払う費用が必要です。

この儀式が終わると、いよいよ工事の着工となります。
最初は地盤改良・基礎工事からです。目に見えないところですが、家を支える重要な箇所となります。

Point!
地盤改良を含め、基礎の施工がしっかりと出来ているかどうかが大切なポイントとなります。

14.上 棟

いよいよ家の骨格が出来上がっていく段階です。
場合によっては、上棟の日に上棟式を行う場合もあります。
※最近では大工さんの労をねぎらう意味で上棟式を行う場合も
 ありますが、行わないケースも増えているようです。

Point!
この骨組みがきちんと組みあがれば、地震などに対する家の強さは8割程度完成したようなものです。

15.完 成

上棟から完成までの期間は、工法によって大きく変わります。

Point!
最終的に家が完成し、引渡しを受けるまでの間に出来具合をチェックして見て下さい。

16.引渡し・ローン実行・登 記

いよいよ鍵を受け取る事で引渡しとなります。

ついに家があなたのものになる瞬間です!

 

一般的に工事期間中は、『つなぎ融資』と呼ばれる融資で工事代金を支払っています。
これは家が完成するまでの間、担保物件が無いため住宅ローンとして融資を受けられないからです。

 

そのため引渡し後は、なるべく早く登記を済ませ名義上もあなたのもになる手続きをして『住宅ローン』を実行し『つなぎ融資』を清算して下さい。